スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一つのことを極めるプロフェッショナルになるには、そのものへの「こだわりを持つこと」が欠かせぬ要素でしょう。例えば日本一のすし職人になりたいのなら、寿司について誰よりも研究し、自分だけのこだわりや技術を磨くべきである。
 では「お金持ち」になるためには、お金にこだわりを持つべきなのだろうか。それに対する答えはおそらくノーでしょう。お金の使い方については、しっかりと学ぶべきだし、自分なりのマネー哲学を持つことは必要である。しかし、お金そのものにこだわりを持って執着するのはあまりよいとは思えない。
 なぜなら、お金には良くも悪くも、人の心を動かしてしまう力があるからだ。「金の切れ目は縁の切れ目」ということわざがあるように、お金の存在は人間関係にも大きく影響する。長年の親友同士だった二人が、わずかなお金の貸し借りで今までの良好な関係を悪化させることもあるし、円満な夫婦の関係が借金によってあっという間に破たんするケースもある。それまで善良だった人が、大金に目がくらんで悪事に手を染めるといったニュースも枚挙にいとまがない。
 このことからもわかるように、お金とは人間から簡単に理性を奪い取ってしまうものなのだ。だからこそ、お金に変なこだわり執着したりすると、あっさりと身を持ち崩してしまうのである。

自動車ガラス破損
オール電化住宅建築
大型車レッカー
金融機関の情報あれこれ
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。