スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と日記

"

『引越し会社ランキング』、【アート引越センター[アートコーポレーション]】が4年連続1位 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000341-oric-life

 オリコンは先ごろ、「2015年度 オリコン顧客満足度ランキング『引越し会社』」を発表。第1位に【アート引越センター[アートコーポレーション]】が選ばれた。なお、同ランキングでの総合トップは今回で4年連続となり、その満足度は76.01点。2位には75.93点で【アリさんマークの引越社 [引越社]】が、3位には75.68点で【ハート引越センター [ハート引越センター]】がランクインしている。引越し準備特集 項目別のランキングを見ると、【アート引越センター】は「営業スタッフの接客対応」、「付加サービス」、「アフターフォロー」の3項目で1位を獲得。「現場スタッフの接客対応」でも2位に選ばれており、接客応対やサービスのクオリティが総合満足度の高さにつながったと言えるだろう。 また、「提案プランの正確さ」では【アリさんマークの引越社】が、「作業内容」ではサカイ引越センター【引越のサカイ[サカイ引越センター]】が1位となった。総合でも2位を獲得した【アリさんマークの引越社】は、全7項目のランキングでいずれもベスト5以内に入るなど、総合的に満足度が高い。一方、【引越のサカイ】は総合満足度で75.49点で4位に選ばれており、項目別では「付加サービス」が2位に、「現場スタッフの接客対応」と「アフターフォロー」が3位にランクインするなど、引越しスタッフのレベルの高さがうかがえる結果となった。 【引越のサカイ】と同様、スタッフ満足度が高かったのが、【赤帽の引越し[全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会]】だ。総合満足度こそ74.10点の10位だが、「現場スタッフの接客対応」と「コストパフォーマンス」で1位を記録。「作業内容」でも2位となっており、現場と価格を重視した姿勢が高い評価を受けている。 その他、今回の調査では、「引越し会社を選ぶ際に重視した項目」(複数回答)についてもユーザーに話を聞いている。そのなかでも最も多かったのが「手際のよさ・作業の丁寧さ」で、68.4%の人が重視すると回答した。以下2位は67.8%で「サービス内容に対する価格」、3位は67.1%で「最適な引越しプランの提案」、4位は61.1%で「営業・問合せ窓口スタッフの接客対応」となっている。 なお、【アート引越センター】は上記「引越し会社を選ぶ際に重視した項目」のうち「営業スタッフの接客対応」で1位を記録。【アリさんマークの引越社】は「提案プランの正確さ」で1位に選ばれ、【ハート引越センター】は「コストパフォーマンス」で2位に、「提案プランの正確さ」で3位に選ばれるなど、総合ランキングと重視項目の間には共通点が見られた。やはり引越しへのユーザーニーズに的確に応えたことが、高い総合満足度につながったといえるだろう。【調査概要】◆調査期間:2014/10/03~2014/10/7◆回答者数:16,483サンプル◆調査対象者性別:男女、年齢:18歳以上、地域:全国、条件:過去5年以内に引越し会社を利用して引越しを行い、会社選定に関与した人



"

iPadやNexus 9よりお得? ハイホーのSIM×YOGA Tablet 2セットプランをチェック http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000021-mycomj-sci

格安SIMサービスを提供しているハイホーが、レノボの8インチAndroidタブレット「YOGA Tablet 2-830L」(SIMフリー版)とSIMカードをセットにした「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with YOGA Tablet 2 【LTE】」の提供を開始した。同セットプランは、運用コストをおさえつつ最新のタブレット端末を利用できる、とても魅力的なプランになっている。【もっとほかの写真をみる】そこで本稿では、同セットサービスの概要を紹介するとともに、YOGA Tablet 2を他の人気タブレットと比較。その特長について紹介していきたい。お得にタブレットを購入できる本セットサービスをうまく活用して、春からの新生活を充実したものにしてほしい。○YOGA Tablet 2とは?YOGA Tablet 2-830Lは、レノボが提供する8インチのAndroidタブレット。背面にSIMカードスロットを備えており、hi-hoのデータ専用SIMカードを挿せばモバイル通信が利用できるようになる。ディスプレイには解像度1920×1200のIPS液晶を採用、CPUはIntel Atom Z3745 プロセッサ(1.33~1.86GHzクアッドコア)を搭載。内蔵ストレージは16GBで、外部ストレージとしてmicro SDカード(最大64GB)が利用できる。RAMは2GB。前面に160万画素、背面に800万画素のカメラを備える。OSはAndroid 4.4 Kitkatを採用している。YOGA Tablet 2の特長のひとつは、自立可能なキックスタンドを備える点にある。タブレットのように側面を握って使う「ホールド」、机に立てて使う「スタンド」、机に寝かせて使う「チルト」、壁にかける「ハング」という、生活に合わせた4つのスタイルで利用できる。これにより料理中に画面を見たり、食事中にSNSをチェックしたり、エクササイズ中に音楽を聴いたりといったことも可能になる。バッテリーは大容量の6,400mAh。駆動時間は最大18時間となっているので、動画の視聴などバッテリーを多く消費するコンテンツも安心して楽しめる。センサー類も充実。GPS機能も備えているので、Googleマップなどのナビゲーションアプリ類を8インチの大画面で利用できる。○hi-ho LTE typeDのサービス内容続いてhi-ho LTE typeD ミニマムスタート with YOGA Tablet 2 【LTE】のサービス内容について紹介したい。同プランは、毎月のデータ通信料込みで月額2,787円となっている。データ通信は、毎月2GBまで利用可能。NTTドコモのカバーする全国のエリアに対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/ 上り最大50Mbpsと非常に快適だ。hi-hoの同プランではテザリングも利用可能で、YOGA Tablet 2をルーター代わりにして、他のWi-Fi端末をインターネットにつなげることができる。このほかサポートも充実しており、「hi-ho あんしん機器保証オプション」ではトラブルの発生時に最大50,000円の”お見舞金”が支払われる。安いだけでなく、安心感も得られるサービスと言えるだろう。○iPadとNexus 9と比較ここで、人気の他社製タブレットとYOGA Tablet 2を比較してみたい。アップルの「iPad Air 2」(9.7インチ)、ASUSの「Nexus 9」(8.9インチ)と比較すると、下の表のようになる。YOGA Tablet 2は軽量でコンパクトな造りになっていることがお分かりいただけるだろう。前述の通りカバーなどをつけなくとも製品単体で自立できるので、他のタブレットと比較しても「気軽に」「どこへでも」持っていけるのが魅力だ。ちなみにNTTドコモでは2014-2015冬春モデルとして「ARROWS Tab F-03G」(オンラインショップの価格は税込93,312円)と「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」(同62,208円)を、KDDI(au)では「GALAXY Tab S SCT21」(同81,000円)などを販売しているが、hi-hoの格安SIM×YOGA Tablet 2の組み合わせと比較すると、端末の価格も運用費も高価なものになってしまうことは否めない。*  *  *本稿で紹介した通り、ハイホーの「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with YOGA Tablet 2 【LTE】」では、ハイスペックかつ使い勝手のよい「YOGA Tablet 2」をキャリアのタブレットよりお得に運用できる。春からの新生活に備え、良いタブレットをできるだけお得に購入したいと思っている人には、まさに最適なセットプランと言えるだろう。今春から一人暮らしをする学生や新社会人、引越しを機に通信費を見直そうと考えている家族などはぜひ本稿を一読頂きたい。なおYOGA Tablet 2の使い勝手については、マイナビニュースの別稿でも紹介しているのであわせてチェックしてほしい。こちらの記事では、本稿でも紹介した4つの利用スタイルについて詳しくレビューしている。

引越し 埼玉 激安
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。